循環研セミナー

開催日時 タイトル 制作
2月22日(木)
18:30~20:00
築地・豊洲の地質汚染の完全浄化に向けて NPO法人地質審査機構理事長 楡井 久 氏

築地市場の豊洲移転をめぐって、地質汚染の問題がクローズアップされました。小池百合子知事の豊洲の地質汚染に関する追及は、東京五輪・パラリンピックの準備や都議選、衆院選とも絡んで注目を浴び、築地の汚染も発覚しましたが、結局のところ汚染浄化の目途は立っていません。東京の台所も食のテーマパークも相変わらず汚染された土地の上で営業されることになりかねません。いい加減な汚染調査と浄化工事を行った検査機関やゼネコンにさらに血税がつぎ込まれていく状況です。
今回講師を務めていただく楡井先生は、地質汚染科学に基づく単元調査法よる正しい汚染診断で、これまでの各病状に応じた治療・対策によって適切な浄化が可能であり、完全浄化の事例がすでに豊洲新市場近くのマンション敷地にあると指摘されています。また、豊洲の浄化失敗の原因は現行の土壌汚染対策法の欠陥にあるとも指摘されています。
汚染土壌を覆い隠すだけでは、汚染は浄化されず汚染の拡散や集中も懸念されます。都心の地下水位が上昇する中、地下水の有効利用もままなりません。豊洲新市場や築地再開発の成功のためにも、また地質汚染科学に基づく土壌汚染対策法の改正のためにも築地・豊洲の地質汚染問題の再考が必要です。

 

【楡井 久(にれい ひさし)氏のプロフィール】

NPO 法人日本地質汚染審査機構理事長(http://www.npo-geopol.or.jp/)、超党派水制度改革議員連盟水循環基本法フォローアップ委員会委員、前国際地質科学連合(IUGS)環境管理研究委員会(GEM)常任理事・国際医療地質協会(IMGA)参事、茨城大学名誉教授・理学博士・地質汚染診断士・地層液流動化診断士


開催場所: 東京スクエアガーデン 6F 中央区立環境情報センター研修室2

%e4%b8%ad%e5%a4%ae%e5%8c%ba%e7%92%b0%e5%a2%83%e6%83%85%e5%a0%b1%e3%82%bb%e3%83%b3%e3%82%bf%e3%83%bc%e5%9c%b0%e5%9b%b3〒104-0031 東京都中央区京橋三丁目1番1号
銀座線「京橋駅」A3出口直結
有楽町線「銀座1丁目」7番出口2分
都営浅草線「宝町駅」A4出口2分
JR『東京駅』八重洲南口6分
JR『有楽町駅』京橋口6分

参加費:無料
☆お申込み/お問い合せ先☆
NPO法人循環型社会研究会 事務局
電話番号:03-6262-5946
FAX番号:03-5542-1062
E-Mail:junkan@nord-ise.com ホームページ: http://junkanken.com
〒104-0031東京都中央区京橋3-3-14 京橋AKビル6F

お申し込みフォームはこちらです


セミナー案内と申込書のダウンロード[pdf]